Slide 1
理論志向現場主義で未来の教育・学習環境を科学する

教育・学習における問題を発見し,問題解決のための新たな学習方法や情報システムの開発,AI・IoT 等の技術を活用した新たな教育・学習環境のデザイン・構築に関する研究テーマに取り組んでいます.

当研究室の学生2名が情報処理学会第86回全国大会で学生奨励賞を受賞しました

2024年3月15日~3月17日に神奈川大学横浜キャンパスで開催された情報処理学会第86回全国大会で当研究室から学部4年生3名が発表し,小林久也君と多田みるりさんが学生奨励賞を受賞しました。

URL: https://www.ipsj.or.jp/event/taikai/86/award.html

 

受賞:学生奨励賞
タイトル:プログラミング教育における対話型生成系AIを活用した作問学習支援手法の提案と評価
著者:小林久也,高木正則

賞状(小林久也)

 

受賞:学生奨励賞
タイトル:数学学習における問題解答時の主観的な理解状況に基づく理解不足箇所の把握支援手法に関する提案と評価
著者:多田みるり,高木正則

賞状(多田みるり)

©2024 高木研究室 | The University of Electro-Communications