英国Science Impact社の雑誌「Impact」に作問学習支援システムに関する研究が取り上げられました

当研究室で取り組んできた「次世代作問学習支援システム」に関する研究の紹介記事が、英国のScience Impact社が出版する雑誌「Impact」の2021年2月号に掲載されました。

 

Research on a next-generation problem-posing learning support system to promote independent learning and build an item pool

 

この記事では、学習者が問題を作成することで理解を深めていく作問学習を通して、協調学習へと発展できる作問学習支援システム「CollabTest」の概要やシステムの開発に至った経緯、作問学習で作成された問題を適応型テストで利用する構想について紹介していただきました。

雑誌「Impact」は、世界中の3万5000人の読者に配布され、世界中の大学・研究機関・国および地域の研究資金補助組織などに読まれています。出版物は世界で最大のオンライン学術情報源IngentaConnect(インジェンタ・コネクト:月150万アクセスがあり、3万の学術研究および産業図書館にて使用)上でオープンアクセスで公開されています。

 

掲載された雑誌(Impact, Number 2, February 2021)はこちらから閲覧できます -->

掲載された記事はこちらから閲覧できます -->

©2020 高木研究室 | 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部