教育×AI

MS-Office操作スキルを測定するコンピュータ適応型テスト

株式会社ナレローとの共同研究として、MS-Office(Word,Excel,PowerPoint)の操作スキルを短時間かつ高精度に測定するためのコンピュータ適応型テストを開発した.2018年度と2019年度に5つの大学 […]

協調学習における貢献度推定手法

本研究では,協調学習における各学生の学習課題の成果に対する貢献度の可視化を目的とし,協調学習時の発話に含まれる特性語の出現頻度に基づいた貢献度推定手法を提案した.   実際の授業で記録した協調学習時の音声データ […]

問題の自動生成システム

本研究では,検定試験における作問負担の軽減を目的とし,過去問題を情報源として自動生成された問題を利用する作問支援システムを提案した.本システムでは,過去の試験で出題された問題に含まれる知識を抽出して構築された知識ベースを […]

チャットボットを利用した学習支援

チャットボットを利用した数学のつまずき箇所の理解を支援する学習支援システムを開発した.   2019年度後期に本学で実施された反転授業形式の数学リメディアル科目で本システムを使用した結果,本システムにより,学習 […]

作問学習

CollabTest:学生が協調的に作問可能な学習支援システム

CollabTest(http://wbt.soka.ac.jp/)はICTを活用して学習者が主体的に問題作成を行うことができる学習支援システムであり、2002年度(高木が学部4年生の時)に開発しました。CollabTe […]

主体的な学びの促進と項目プールの構築を目指す次世代作問学習支援システム

作問学習(学習者自らが問題を作成することで学びを深める学習方法)を通して,学習者が主体的に思考力・判断力・表現力を向上できる学習環境の構築とコンピュータ適応型テストでの活用を想定した項目プール(難易度,識別度が既知で共通 […]

作問学習と思考力・判断力・表現力の関係

本研究では、作問学習による学習効果を明らかにするために、作問学習と思考力・判断力・表現力の関係を分析している。 作問学習に関連する思考力・判断力・表現力を測定する独自のルーブリックを作成し、作問学習に取り組む前に達成した […]

農業×教育×IoT

農作物と農作業の観察支援システム

岩手県紫波町立赤沢小学校の農業体験学習をフィールドとし、平成23年度から農地にWebカメラを設置して、遠隔地(教室)から農地の様子を確認できる農地モニタリングシステム(http://kansatu.net)を開発・運用し […]

圃場データを活用した教材開発

圃場データを活用してリンゴの開花と気温の関係を学ぶ教材やりんごの農作業の概要を把握する教材を開発した。

農作業画像の自動分類

人感センサ付きWebカメラで撮影された大量な画像(年間5万枚超)に写った農作業内容を自動敵に判別する手法を提案した。本手法では、撮影日時情報や赤外線センサの検知回数、OpenCVを用いたテンプレートマッチング等を行った結 […]

©2020 高木研究室 | 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部