問題の自動生成システム

本研究では,検定試験における作問負担の軽減を目的とし,過去問題を情報源として自動生成された問題を利用する作問支援システムを提案した.本システムでは,過去の試験で出題された問題に含まれる知識を抽出して構築された知識ベースを利用し,過去に出題されていない問題(過去に出題された知識を別の形式で出題した問題)を自動生成する.また,盛岡商工会議所が主催するご当地検定の盛岡もの識り検定(以下,もりけん)の問題を対象として開発した試作版のシステム利用結果から,本システムの有効性を評価した.

©2020 高木研究室 | 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部